ライフスタイル

思考停止呪文「わからない」が人生を損させる

 

 

私の嫌いなワードの一つが「わからない」です。

 

誰でもわからないことはあるでしょ?

 

無知の知って言葉があるように、わからないことを認知できない人のほうが愚かなんじゃない?

 

確かに誰にでもわからないことはありますし、知ったかぶりをするほうが愚かだと思います。

しかし…

一番の害悪なのは、わからないままにすることです。

 

この記事で一人でも多くの思考停止呪文にかかっている人たちを助けられたら幸いです。

 

 

 

情報は開かれている

 

 

私は知的好奇心のかたまりだった

 

私はとにかく知的好奇心が強いほうです。「知りたい」「知りたい」「知りたい」とどんなことにも首を突っ込みます。現在ですら、仕事をしている時もパソコンのもう一つの画面で動画を流したりしてますし、寝る時もiPadをアームで吊るして、寝落ちするまで何かしらの動画に触れてます。朝起きた時に真っ先に見るのはニュースですし、トイレの中でも、ご飯を食べながらでも、常に調べ事をしたり、何かしらの情報に触れてました。

本を読むことに関しても、大学生の時には1カ月に20冊以上の本を読んでいたことだってあります。

その結果、周りよりも少しばかり知識に長けていて、多くの知識を用いて、周りよりも少しお得な判断ができました。

 

情報に触れることができる機会は開かれている

 

そもそも、現在はインターネットという情報でできた大海があって、どんな情報でも調べればいくらでも知ることができる素晴らしい時代です。

昔は情報は誰にでも享受できるわけではなく、お金を支払って限られた人が入手するものでした。昔は有料の情報媒体として新聞がありましたが、現在はそれも無料のネットニュースに変わってきてます。

現在、私が輸入販売の事業を行えているのも輸入販売につながる情報に触れたことで機会を得ることができたからです。インターネット上のあらゆる情報を調べて、調べて、調べて…。その結果ビジネスに繋げることができました。

そもそも、事業を興すためには資金が必要でしたが、それは徹底的な節約と株式投資での収益から得られたものでした。

節約する方法だって、いくらでもネットには情報が無料で公開されてますし、株式投資だって始め方から、銘柄の選び方についてたくさんの情報に無料で触れる事が可能です。

 

お金を貯める方法も無料で公開されている

 

誰でもお金は少しでも多いほうが良いに越したことはないと思います。

もちろん、お金を少しでも節約できたり、お得に貯められる方法は無料でネットに公開されてます。そのノウハウを知れば格段に豊かに生活できるのです。

例えば…

  • クレジットカードを使えば年間2万円以上お得になる。
  • Amazonでほしい商品が安く買える時(タイムセールなど)、事前に通知で教えてくれる機能がある。
  • ホテルに泊まる時、同じ価格でも景観が良い部屋を割り当ててもらえる呪文が存在する。

これ、知ってますか??

知っている人も少なくないのであまりドヤ顔することはできませんが、知らない人にとって「え!!?そんなことできるの!!」と驚く人もいると思います。

知ってる人は当然のように活用してますが、知らない人は損しているのです。

 

わからないと答えたままの人が多い

 

わからないと答えたまま、情報を知ろうしない人が圧倒的に多いと思います。

例えば、働き方改革に関するアンケートを実施した結果を見てみましょう。

出典:「ワークポートhttps://www.workport.co.jp/

 

約4人に1人が「わからない」と回答している人がいることに少し驚きました。

わからない」と回答した方は職場で本当に働いているのでしょうか?

自分自身が働く職場ですよね?

アンケート時点ではわからなくても、その後調べたりされているのでしょうか?

自分自身の会社について「わからない」なら、しっかりと理解すればと思うのですが…。おそらくはその後も調べない方が多いと思います。「うちの会社はブラックでさぁ~」なんて愚痴をこぼしながらも、知る権利を放棄してませんか?

私はサラリーマン時代、会社の飲み会が嫌いでした。だからこそ、飲み会のほとんどを断っていたのです。飲み会に参加すると、会話の中に必ず愚痴や仕事への不満が含まれていて、生産性が皆無だと感じていたためです。

仕事や人間関係の問題点が明確化していながらも、それを改善するために調べることも、行動することも一切していない空気感がどうにも苦手でした。

「仕事が辛い」

それなら何が辛いのかを分析して、問題点を洗い出して、解決策を調べればよいと思います。

具体的に何が不満なのかもわからないまま調べようともせずに、どのようにすれば解決できるのかも調べようともせずに、現状維持のままです。

私はサラリーマン時代、「給料が低い事」が不満でした。会社のインセンティブにも期待ができないし、出世した未来の自分像でもある諸先輩方の背中を見て、このままではいけないと危機感を感じたのです。

だからこそ、どうやったらお金を稼げるのかをいろいろと調べました。そして株式投資に手を出して、上手くいったと思った矢先に大損を経験して、「株式投資は安定しない」という新たな知識を得ることができたのです。

その後も日々の生活の中にも常にアンテナを張り巡らして、気になったことはすぐに調べて飛びつきました。

その結果が、輸入販売業での独立に繋がってます。

 

多くの人は調べてません。

わからないままにしてます。

だからこそ、他人よりも多く調べるということは大きなアドバンテージ(差別化)に繋がります。

行動を起こす事

これはとても大事ですが時間は有限ですから、行動を起こすにはハードルが高いかもしれません。ですが、まずは調べてみることから始めてみるのは時間というリソースをそこまで消費せずに効率よく生産性を上げる、簡単な第一歩です。

まずは調べてみましょう!!

わからないままにしないことです。

 

情報化社会に残された固持民族

 

その時代には、その時代に適した生き方があると思います。現在は情報化社会と呼ばれており、情報を持つ者が情報を持たざる者から搾取する時代です。

たとえば、ケータイ電話の契約プランにおいても、プランを把握している者と、していないものでは支払う金額に雲泥の差があります。

私はiPhone11Proを使用しておりまして、「かけ放題プラン」で「毎月10GB」の通信料を使用できますが、オプションや消費税を含めて月額料金は2,895円でした。

格安SIMなんじゃないの??

キャリアは「ドコモ」です。

現在は新規でこの契約はできません。

多くの人が同条件で使用するならば毎月7,000円以上の出費になります。

同じキャリアで、同じ利用条件でもこんなにも料金が違います。

ドコモの新しいプランは安くなるどころかむしろ高くなっているのです。旧プランのほうが断然に安価です。ドコモは「安くしました」と言いながらも実は高くしていたのです。その証拠にドコモと同様にプランを「安くしました」と豪語したKDDIとソフトバンクは過去最高益を更新しております。ドコモはd払いの投資によって減益としてますが、通信はお察しの通りです。

情報を知らないということは損をしてます。

情報を知ろうとしないまま「わからない」で停滞する人は、電気水道ガスを使わないで、これまでの生活を変えずに固持しようとするマサイ族と同じです。

ちなみに、現在のマサイ族は意外と近代的でスマートフォンだって持ってますし、支払いもキャッシュレス決済している人も大勢います。

未だに現金払いが80%程いる日本人よりも進んでるかもしれませんね…。

 

わからないまま=行動してない

 

今や、知りたい情報はネットで検索すれば見つかります。わからないことも調べれば答えは見つかるのです。だからこそ「わからないまま」にするということは「行動していない」のと同じです。

わからないままにする=行動してない

行動をしないということは、その点において成長していないのです。

どんなことも知るところから始まります。

現状で満足しているのならば、良いでしょうが満足していないと回答されるのでしたら、まずは知識をつけるために「わからない」ことを1つずつ消化していくべきです。

疑問を持ち、わからないことを調べていくうちに、自然と自らのチャレンジしたいこと、チャレンジしなければいけないことが見えてきます。

 

 

知ってから、決めればよい

 

サービスは常に不平等に提供されてます。

同じサービスなのに、提供価格が異なる事例をまとめてみました

  • スマートフォンの月額料金
  • 家電量販店での購入
  • Amazonでの購入
  • 銀行の金利・手数料
  • 賃貸住宅の家賃
  • 税金

その他にも多くのサービスで、情報を持っているか持っていないかで支払う金額は大きく異なります。

情報弱者は搾取されるのです。

 

一人ひとり、価値観は違いますし、必ずしもお得にサービスを利用することが最善とは言いません。

しかしながら…

知っていて行動しないのと、無知で行動していないのでは雲泥の差があると思います。

 

法律と同じだと思います。

60キロ制限の道路を80キロで走行して警察に捕まっても「わからなかった」で許してもらえません。

わからないを言い訳にしないようにしましょう。